東京大衆歌謡楽団の街頭演奏に聞き惚れる @桜満開の隅田公園 吾妻橋 浅草側

桜が満開の隅田公園で散策していると、どこからか演奏と昭和歌謡の歌声に誘われ足を止めました。

この歌い方で歌を歌ってくれる人が今もいるんだあ。

すっかり、聞き惚れました。

 

東京大衆歌謡楽団 街頭演奏「吾妻橋」 浅草側 隅田公園 2014年3月30日(土)
東京大衆歌謡楽団 街頭演奏「吾妻橋」 浅草側 隅田公園 2014年3月30日(土)

 

浅草の仲店通りや浅草寺を食べ歩きしながら散歩し、桜が満開の隅田公園にも行ってみようかと、何気に行ってみた吾妻橋。

 

青空に桜が咲き誇る隅田川を流れる水上バスや屋形船を川縁から眺めてると聞こえてきた歌声。

 

この浅草になんともマッチした昭和歌謡。

 

アコーディオンとウッドベースの生演奏に、黒ぶちの丸めがねで、髪をきっちり六四にわけたオールバックの細身の男性がスーツにネクタイで歌っていました。

 

いい声です。

 

大勢の人が集まって聞いていましたが、聞いている皆さんもなんともいいお顔です。

自然に手拍子がされ、一緒に歌い、威勢のいい合いの手とかけ声が飛び交う。

 

桜満開の青空の隅田川。素敵な春のひと時を過ごす事が出来ました。

 

 

帰宅後、あの人たちは何なんだろうと、ググってみました。

 

東京大衆歌謡楽団。

 

この日は、街頭演奏(いわゆる路上ライブ)をやっていたようです。

 

驚いた事に、3人とも、昭和生まれ平成育ちの20才台・30才台の若者でした。

 

 

東京大衆歌謡楽団

3人はもともと世界の民族音楽をテーマに活動する8人組のバンド仲間。そのバンド活動中、演奏した昭和歌謡に様々なジャンルの音楽が凝縮されている事に気づき、昭和歌謡にのめり込む。
平成21年4月「東京大衆歌謡楽団」を結成。
(引用:東京大衆歌謡楽団 公式ホームページより)

 

 

昭和歌謡って、やっぱりいいなあ。

 

 

東京大衆歌謡楽団

 

 

 東京大衆歌謡楽団 公式サイト

 

 東京大衆歌謡楽団